浮気調査は正義の調査団へ!!

正義の調査団 TOP>不倫・浮気調査の偽装テクニック

不倫・浮気調査の偽装テクニック

張り込みの際の偽装テクニック

不倫・浮気調査の張り込みをする時に周囲の人に怪しまれないように、偽装して張り込む場合があります。

例えば、開店のポスターを左右後ろに貼るフリをしてみたり、洗車セットを持って熱心にワックスがけをしてみたり、トランクに段ボールを積んで仕分け作業をしてみたり、キャリアにスキーやサーフボードを積んで友人を待っていたりなど色々な偽装の仕方があります。

ただ偽装が面倒ならば、車の運転席の後ろに厚手のカーテンを取り付けたり、後ろのウィンドウにシールドを貼ったワゴンやボックスタイプの車を使用して、ボディには適当な店名のシールを貼っておくといいでしょう。

住宅街での張り込み

不倫・浮気相手と密会をするのに、相手のアパートやマンションを使っている人も多数います。そんな不倫・浮気現場をスクープするには、住宅街での張り込みが重要になります。ただ、住宅街というのは大変張り込みがしにくい場所なのです。住人達は「怪しい人物」に対して警戒しますし、周囲の些細な変化にも敏感だからです。ですから、怪しまれないための服装、何を聞かれてもいいように架空のストーリーを作っておくと安心です。誰かに話しかけられたら、相手を「納得させる」のではなくて、「安心させる」ように話をすると良いです。

真冬の張り込み

真冬にひとりで張り込みを続けるのは、プロの探偵でもキツイものです。服装は、下着や靴下を二重にするなどして、完壁な防寒にしておきましょう。また、体温低下を防ぐために、携帯用の食料をポケットに忍ばせておくと良いです。簡易カイロも、いくつか用意しておくと便利です。でも、雪が降っているときの張り込みは困難です。白一色の世界の中では人は大変目立ちますし、寒い日にずっと一ヶ所にたたずんでいる人など、怪しまれるのは当然です。協力者がいれば交代で張り込むことができますので、誰か信頼できる友人に頼んでみるのも一案です。

車での張り込み

車で相手の浮気現場をつきとめても、車の中で張り込みをするのは難しいです。道路に路上駐車し続けるのは困難ですし、住宅街での路上駐車も怪しまれます。無造作な路上駐車は通報されてしまう可能性も高いので、駐車場所は慎重に選びましょう。相手が車で移動することがわかっていても、車からは離れてから張り込むのが基本です。運転席には座らずに助手席に座って、いかにもドライバーを待っているような態度を装うと良いでしょう。怪しまれる確率を低くすることができます。周囲を観察するには、サイドミラーやルームミラーを駆使してください。

pickup

携帯 買取 東京
http://iphonesyuuri-naritaya.com/

2016/6/30 更新